やけどSOS

熱傷情報サイト やけどの応急処置 家庭事故の予防 きず跡のケア

低温火傷ってなに?
『低温やけど』この単語を耳にした事がある方は多いと思います。しかし実際にはどのような状態なのでしょうか?
そもそも低い温度なのにやけどを起こす、この状態にいまいち納得がいかない方もいらっしゃると思います。

それもそのはず、この『低温やけど』は症状が出る温度が高温でのやけどに比べてかなり個人差があります。
低温やけどは「40度〜55度」というその名の通り低い温度がやけどに繋がるものです。
そしてこれが最大のギャップである本来心地よく感じる低い温度でもやけどに繋がってしまうという事です。
また、個人でも今まで大丈夫だった方が急になりやすくなる等と判断が難しいものです。


40度というとだいたい入浴する際のお風呂の温度と一緒です。
そのような心地よい温度が自分の身体に外傷を及ぼす事があるとは、なかなか理屈では分かっていても実感がわかないのがこの状態の怖い所です。

特に、『低温やけど』はその見た目からやけどの深さ(重症度)が判断し難いのも特徴です。
実際に見た目は小さなやけどでも「皮膚の奥深くまで組織が破壊されている」可能性があります。

低温やけどを予防するために、特に冬場、注意しておきたい家電製品などを紹介します。

《低温やけどに注意したい家電製品》
・電気毛布、湯たんぽ等の就寝中に起こるもの
・保温機能付きの便座に長時間同じ体制で座る(特に皮膚の弱い方、介護度が上がり自力で動けない方は要注意)
・使い捨てカイロ
・電気こたつ
・肌の上に直接ノートPCを乗せて使用。
・ホットカーペットの上での就寝

どれも身近にあるものですから、お子様や年長者の方が使われる際は特に注意しておく必要があろうかと思います。
また、飲酒や睡眠導入剤などを服用する際は眠りが深くなるので、保温器具の使用はやめましょう。

電気毛布やホットカーペットはついつい眠気を誘いますが、就寝前には必ず使用を止めるように気をつけましょう。

普段の生活が原因で思わぬやけどを招かぬよう注意したいものです。
広告
やけどの広場
熱傷に関するニュースや熱傷体験者による体験談などを紹介しています。熱傷に関することならなんでも扱う総合的なサイトとなっております。
やけどSNS
熱傷体験者コミュニティサイトです。普段話せないことや本人たちにしか分からないことを共感したり、気になる情報を共有するための場所です。
ロバ耳掲示板
匿名掲示板です。なので、誰でも気軽に熱傷のことを話せる反面、乱暴な表現や無責任な言動があるかも知れません。なにごとも自己責任で。
消費者庁
消費者安全のための注意喚起として、実際に多発している事故の予防や注意勧告などを公示しています。 医療機関や事故情報データバンクからの情報も紹介しています。