やけどSOS

熱傷情報サイト やけどの応急処置 家庭事故の予防 きず跡のケア

やけどってなに?
やけどは、日常生活の中でも起こりやすい皮膚や粘膜の外傷です。
熱いものを食べて口の中をやけどした、調理中に鍋に肌が触れてしまった等、ごく軽いものを含めると経験された方も多いのではないでしょうか?
人の皮膚は70度以上の湿温で1秒で組織が破壊されると言われています。
ほんの一瞬のうちに外傷に繋がり、それが深い痛みへと繋がる事になりかねないのです。
この現象は医療用語で「熱傷」と呼ばれています。


では、どのような状態がやけどをもたらすのでしょうか。
これは高い温度が皮膚に触れた時、例えばアイロンや熱湯などはもちろんの事、直接的な火災時の炎などでもやけどの状態になります。


また、高温の際は痛みを伴う事もあり皆さん警戒するのですが、
意外にも心地よく感じる低い温度「40度〜55度」でもいわゆる「低温やけど」の症状を引き起こす事があります。
この低温やけどの症状の発現時間には個人差がありますが、30分程でやけどにつながってしまう事もあるそうです。
その為、該当する方がカイロや湯たんぽ等を使用する時にはよく注意をして体位の交換や温度管理を行い熱が直接肌に触れない等の工夫も必要です。


特に注意が必要と言われているのが以下の方達です。
子供や老人など皮膚の薄い方、成人でも皮膚の弱い方、睡眠導入剤などを服用しており深く眠りに落ちている時も特に注意が必要です。


家庭で起こりやすいやけどの場面としては以下のものが挙げられます。
気をつけて対処をしていきたいところです。

《乳幼児の場合》
・電子ケトル等のお湯をかぶってしまう
・ストーブ等への転倒
・低温やけど(電気毛布)

《小さなお子さんの場合》
・ライター、マッチ、キャンドル等の火遊び
・ストーブ等への転倒
・低温やけど(電気毛布、カイロ、湯たんぽ)


《調理中の例》
・揚げ油から化繊の服に引火
・揚げ物(天ぷら、特にイカなど水分が多いものが油はねを起こしやすい)
・カレー等ドロッとしたものをこぼして足にかけてしまう

《大人の日常生活》
・ヘアアイロンが首や耳にあたる
・熱い食べ物、飲み物での口内のやけど

《低温やけどの例》
・電気毛布、湯たんぽ等の就寝中に起こるもの
・保温機能付きの便座に長時間同じ体制で座る(特に皮膚の弱い方、介護度が上がり自力で動けない方は要注意)
・張るカイロ

消費者庁では、子供のライターによる火遊び事故や、
乳幼児の電気ケトルの転倒などによる熱傷事故の注意喚起をおこなっています。

ぜひ、チェックしてみて下さい。
広告
やけどの広場
熱傷に関するニュースや熱傷体験者による体験談などを紹介しています。熱傷に関することならなんでも扱う総合的なサイトとなっております。
やけどSNS
熱傷体験者コミュニティサイトです。普段話せないことや本人たちにしか分からないことを共感したり、気になる情報を共有するための場所です。
ロバ耳掲示板
匿名掲示板です。なので、誰でも気軽に熱傷のことを話せる反面、乱暴な表現や無責任な言動があるかも知れません。なにごとも自己責任で。
消費者庁
消費者安全のための注意喚起として、実際に多発している事故の予防や注意勧告などを公示しています。 医療機関や事故情報データバンクからの情報も紹介しています。