やけどSOS

熱傷情報サイト やけどの応急処置 家庭事故の予防 きず跡のケア

乳幼児のやけどに注意!
やはり注意したい子供のやけど、乳幼児や小さな子供のやけどは大人と同じ熱源で外傷を負っても重症化しやすいのです。

国民生活センターの調査によると全国で起きている「やけど」の事故うち半数近くが0〜9歳の幼い子供で占められているんです。
その中でもさらに0〜1歳が半数以上を占めており、この年齢は保護者として特に注意が必要な時期といえます。

そしてその9割にはなんと入院や通院が必要な状態までいたっており、深刻さが伺えます。
なぜそこまでの重症化を招いてしまうのか、それは皮膚の薄さも去ることながら子供達の「身体の小ささ」に要因があります。
食卓で熱い味噌汁をお椀に一杯こぼしてしまった時、大人だったら大体片足の上半分をやけどするに収まることが多いのではないでしょうか。また、反射的に味噌汁から逃げようと身体を動かすのでその被害は最小限になるはずです。
しかし、小さな子供の場合はどうでしょうか。椀に一杯の水分は時に腹部から下半身の全面を浸すだけの威力があります。

さらに自発的に逃げることが難しいために、なすがままその熱源を受け入れてしまうことになります。
また、食事中などに使用するベビー用の椅子で固定されていることも多く、熱源に触れている時間が長期化することも一因です。

では、この子供のやけどこれは防げないものなのでしょうか。
かなり普段とは違う生活パターンを取り入れることになると思いますが、確実に1つずつその原因を取り除いていくことで乳幼児のやけどのリスクは最小限にすることが可能です。

《大切な基本 手の届く所に置かない》
手の届くところに「熱いもの(味噌汁、カップラーメン、)」「熱いものが入った不安定なもの(ポット、アロマキャンドル)」などを置かないようにしましょう。
この時、直接手が届かなくても「テーブル上に置いてあるけれどコードが下まで伸びている」「テーブルクロスが掛かっている」などという場合は引っ張って結果的に熱源を浴びてしまうこともあります。
上から浴びてしまった場合、全身やけどにつながりますので非常に注意していきたい所です。

また、「長い棒状のツボ押し、孫の手」などの長いものも注意が必要です。これらをオモチャがわりにして高い所のものを無差別に叩いた結果、熱源が落ちてくることも考えられます。
小さな子供は非常に好奇心が強く、大人には考えつかないような行動に出ることもありますので念には念を入れた対策をしておきましょう。

東京都が行った、未就学児童、乳幼児の子供を持つ親へのアンケートをまとめたガイドによると、ガスコンロ、炊飯器、湯のみや電気ケトルなどの家庭でおきたケースや自動車・バイクなど、外で遊んでいる際にもおこりえる事故について紹介しています。
イラスト付きで紹介されています、ぜひ一度ご覧下さい。

「乳幼児のやけど、事故防止ガイド」
広告
やけどの広場
熱傷に関するニュースや熱傷体験者による体験談などを紹介しています。熱傷に関することならなんでも扱う総合的なサイトとなっております。
やけどSNS
熱傷体験者コミュニティサイトです。普段話せないことや本人たちにしか分からないことを共感したり、気になる情報を共有するための場所です。
ロバ耳掲示板
匿名掲示板です。なので、誰でも気軽に熱傷のことを話せる反面、乱暴な表現や無責任な言動があるかも知れません。なにごとも自己責任で。
消費者庁
消費者安全のための注意喚起として、実際に多発している事故の予防や注意勧告などを公示しています。 医療機関や事故情報データバンクからの情報も紹介しています。