やけどSOS

熱傷情報サイト やけどの応急処置 家庭事故の予防 きず跡のケア

NO MORE 民間療法!
やけどは身近な外傷ということもあり、昔から様々な民間療法があったようです。
現代医療では、何もつけずに流水で患部を冷やすことが大切とされています。

よく聞く民間療法とその危険性を紹介します。

《アロエ》
やけどと言えば、これ!民間療法の代名詞「アロエ」。表面の皮を剥き、中にあるゼリー状の部分を患部に乗せます。

…ところが代表的なアロエでさえ、皮膚科の先生としてはオススメできない行為だそうです。
かぶれを起こし、かえって炎症が悪化してしまった例もあるといいます。


《はちみつ》
こちらも有名な民間療法の一つです。保湿効果を持つはちみつはそのまま塗ってパックにする美容法もあるなど肌に良いイメージがあります。
健康な皮膚への保湿行為として使いましょう。

★野菜シリーズ★

すりおろしたジャガイモ、大根おろし、人参、薄切りにしたキュウリなど。

これら野菜類は細菌感染のリスク、かぶれを生じるリスクがありますので危険です。
これら民間療法は「患部を冷やす」保冷技術や清潔な水がすぐに確保できなかった時、やけどに対応するための古人の知恵だったのでしょうね。

ただ医療の発達した現在では、やけどをした場合は「流水でよく冷やし、患部には何もぬらないで病院で診てもらいましょう」
広告
やけどの広場
熱傷に関するニュースや熱傷体験者による体験談などを紹介しています。熱傷に関することならなんでも扱う総合的なサイトとなっております。
やけどSNS
熱傷体験者コミュニティサイトです。普段話せないことや本人たちにしか分からないことを共感したり、気になる情報を共有するための場所です。
ロバ耳掲示板
匿名掲示板です。なので、誰でも気軽に熱傷のことを話せる反面、乱暴な表現や無責任な言動があるかも知れません。なにごとも自己責任で。
消費者庁
消費者安全のための注意喚起として、実際に多発している事故の予防や注意勧告などを公示しています。 医療機関や事故情報データバンクからの情報も紹介しています。